金沢をはじめ北陸の地酒・日本酒専門店酒の大沢

温めて楽しむ日本酒のススメ

実は日本酒は冷やしても、また温めてもおいしくいただける、世界でも珍しいお酒です。
その中でも、温める飲み方は、日本の食文化とともに育まれた独特の飲酒スタイルで、
お酒の味わいをまろやかにしてくれるとともに、お米の旨味をしっかりと味わうことができる飲み方です。
そしてお酒そのもの以外にも、料理の味を引き立て、よりいっそう食事を楽しく、美味しくしてくれる飲み物なんです。

みなさんご存知の通り、日本酒、と言っても造り方でいろいろな種類があります。
そしてその種類によって、美味しく飲める温度帯があるんです。
簡単に分類すると、吟醸、大吟醸、生酒、原酒など、味や香りが強いものは、冷や、もしくは低い温度帯で飲むのがおすすめ。
本醸造、純米などのお酒は温めて飲むとより美味しい、という感じになります。

お酒の温度範囲と適正温度 大吟醸酒 吟醸酒 純米酒 本醸造酒 普通酒
飛び切り燗 55℃以上 × × ×
熱燗 50℃〜55℃ × ×
上燗 45℃〜50℃ ×
ぬる燗 40℃〜45℃
人肌燗 35℃〜40℃
日向燗 30℃〜35℃

ただし、これはあくまで目安なので、温めた方がいいお酒でも、やりすぎてはアルコールの匂いが強くなりすぎますし、
逆に冷やしすぎると香りがなくなり、酸味だけのお酒になってしまいます。
なので、一番いいのは、上記の分類を参考にしつつ、自分が好きなお酒の自分が「美味しい」と思える温度帯を見つけること。
楽しみを研究して、より日本酒を楽しんでみてください。

金沢をはじめ北陸の地酒・日本酒専門店酒の大沢

温度帯別おすすめの一本

さて、ここであるじがおすすめする温度帯別の一本をご紹介。

本醸造酒 無濾過原酒 日向燗(30℃前後)がオススメ!

天狗舞 山廃純米大吟醸

米の旨味を充分に引き出す、天狗舞独自の山廃酒母造りで醸された純米大吟醸酒。
山廃仕込みによる、芳醇でさばけのよい「美しき旨し酒」の風味をご堪能いただけます。食中の吟醸酒としても最適ですよ。

天狗舞 山廃純米大吟醸
こちらから購入

純米酒 無濾過原酒 人肌燗(35℃前後)がオススメ!

白菊 特別純米

すっきりとキレのよい旨みをもつ純米酒。
なおかつ口当たりのやわらかさも合わせもつ一本です。

白菊 特別純米
こちらから購入

山廃純米酒 無濾過原酒 ぬる燗(40℃前後)がオススメ!

菊姫 鶴乃里

山廃らしい旨みや力強さと、きめ細かさを兼ね備えた味わいの純米酒。
IWC2007にて初代チャンピオン・サケを受賞した、世界からも認められた一本。本物を知る貴方に、ぜひ味わっていただきたい旨さです。

菊姫 鶴乃里
こちらから購入

山廃吟醸酒 無濾過原酒 上燗(45℃前後)がオススメ!

農口尚彦研究所 冬の燗酒

冬の限定品にふさわしく、燗映えするお酒となっています。
優しく広がるお米の旨味とキレの良い後味をお楽しみいただけます。

農口 冬の燗酒
こちらから購入

山廃純米酒 無濾過原酒 熱燗(50℃前後)がオススメ!

福光屋 黒帯悠々

吟醸仕込みと純米仕込みとでキレの良い芳醇な旨味を持つ辛口に仕上げ、さらに蔵内でじっくりと熟成させた一本。
辛口ながら辛さを感じさせず、燗にするとやわらかく一層持ち味を発揮します。

福光屋 黒帯悠々
こちらから購入

山廃吟醸酒 無濾過原酒 飛び切り燗(55℃前後)がオススメ!

常きげん 本醸造

コクがあって日本酒本来の味と香りを十分に楽しめて、しかも後口が爽やかなお酒です。

常きげん 本醸造
こちらから購入


今後の販売予定など最新情報は下記SNSにて随時発信していきますので、ぜひフォローしてください

酒の大沢フェイスブックページ
酒の大沢ツイッター
酒の大沢インスタグラム