吉田酒造店

in 酒蔵探訪記

yoshida
山島村「手取川正宗」を育んだ地はかつてこう呼ばれていた。 明治、大正と手取川の豊かな水と米に恵まれて蔵の数十軒を数えた「酒造りの村」。近隣はもとより遠く県外にまで「手取酒」「山島酒」と呼ばれ名声を博していた。 しかし今その味を伝えるのは「手取川正宗」ただ一つ。 明治3年創業以来、頑なに手作りに徹しこの酒造りの村の伝統を守り続けている。

tanbou3_img1

母なる手取川に抱かれて

今回お邪魔してきた酒蔵さんは明治3年創業の株式会社吉田酒造店。 代表銘柄は「手取川正宗」。その銘柄にもなっている手取川の水質及び伏流水が抜群に良質であること、生産されるお米が良質であり入手が手近に出来ること、空気が清澄であることの抜群の環境と高い技術が生み出す地酒です。 長い歴史のある酒蔵ですが、今は省力化や効率を考慮した許される限りの道具の機械化とコンピューター制御を導入しています。しかし基本の部分は手作りに徹し伝統技術を伝承されています。 今回はお忙しい時期の訪問にも関わらず、吉田社長や山本杜氏はじめ蔵元の方々に温かく迎え入れていただきました。しかも今回は吉田社長と山本杜氏のツートップが付きっきりで酒蔵の隅々まで丁寧に案内して下さったのです。 吉田社長は聡明でありながらおおらかで人なつっこい性格。また山本杜氏は能登弁まじりでお話をしてくださり、その笑顔からは優しさがにじみ出ています。

tanbou3_img2

後継者育成と技術伝承の二蔵制

そして同蔵の特徴は、全国でも珍しい二蔵制をとっているという事。これは後継者育成と技術の伝承のために、従来の酒蔵を二分し、ベテランの山本杜氏による山本蔵とともに、前社長の長男の吉田杜氏が担当する吉田蔵があります。手取川は昔ながらの伝統を守り、ベテランの技術と若い感性で互いに刺激し、補完し合いながら、このお二人の杜氏によって生み出されています。お二人のお酒を飲み比べる楽しみもありです!

Comments are closed.

© 2017 酒の大沢酒蔵探訪記 - Powered by Wordpress / Theme: Tabinikki